散歩中の柴犬

管理人 有紗管理人 有紗

こんにちは~。犬の散歩は雨の日も欠かさず行かされる、有紗です。

初めてワンちゃんを迎えてから、大きく生活が変わる理由は、やっぱり毎日の「お散歩」

犬と一緒に、外に出て歩くという習慣は、飼うまでは、面倒そうに思えましたが、慣れてしまえば、とても楽しい時間です。

この記事を読めば、犬の散歩で必ず必要なものあったら便利なものがわかります。

季節によっても持ち物が変わってくるので、快適なお散歩習慣のためにも要チェックです。

では、いってみましょう。

犬の散歩に必要なものって・・・?

基本編

  1. 首輪(またはハーネス)
  2. リード
  3. マナーボトル
  4. うんち袋(+マナーポーチ)

犬のお散歩グッズ 基本編
以上のものがあれば、ひとまずお散歩はOKです。

では順に見ていきましょう。

1.首輪(またはハーネス) 2.リード

首輪とリードは必ず必要です。

リードですが、うちの柴犬おつんさんが子犬のとき、ナスカン(金具)が不意に外れてしまうという恐怖体験をしました。

取り外しができる金具なので、歩いている時に外れないという保証はありません。

こちらの記事も参考にして、リードを選ぶことをおすすめします。

記事>>>犬のナスカンが外れる!イロイロ試して行きついたのはこのリード

特に、Dカン2つを一緒にして、リードのナスカンに通し、犬の体を固定するハーネスは、外れやすいので要注意です。(経験者)

3.マナーボトル

マナーボトル
マナーボトルとは、お散歩中にオシッコを洗い流すために必要な水を入れるものです。

もとの商品は、ペットボトルキャップの先がシャワーになるヘッドと、水を溜めて、犬が飲めるようなお皿が付いています。

付属の回転するお皿は取り外して、キャップだけ使用しています。

おつんさんはこのお皿で飲んだことがありませんシューン

ワイルドな女子なので、公園の水道の蛇口から、直飲みしています。ワイルドだろぉ~

ドッキングさせるペットボトルで、持ちやすいものは、何の飲み物か真剣に探してみたところ・・・
マナーボトルで使いやすいペットボトル

スポンサーリンク

生茶

アクエリアス

のペットボトルが持ちやすいという結果になりました。

毎日使っていると、ベコベコになるので、時々は交換しています。

犬のお散歩のオシッコは賛否ありますが、ゴメンなさい(汗)外でしています。
(野生味の強い柴犬さんは、家の中でしないのです)

そして、十分考えた末、マーキングしてはいけないエリアを考慮して散歩しています。

中には、住人の方が直接クレームする場所というのがありますので、犬友ネットワークで情報を共有して、気を付けています。

4.うんち袋(+マナーポーチ)

うんち袋(ぽい太くん)
有料のうんち袋ですが、これがあったほうが、お散歩することの負担が減るので使っています。

トイレに流すとき、内側のペーパー部分だけスルっと落とし、ビニール袋はゴミ箱に。

他社のものも使ってみましたが、コチラのものは紙が薄いので、トイレの水流に負担をかけないところが気に入っています。

・・・・でも、ウンチにお金はかけたくない場合

レジ袋に直で回収している方もたくさんいらっしゃいますが、そうすると、後始末が大変です。

部屋のゴミ箱には捨てられないし、トイレに流す際、ビニールに付いてしまっているウンチをこそげ落とさなければならない・・・

そこで・・・・・

トイレに流せるペーパー

があります!

ホームセンターなどで安く売っているのでぜひおすすめ。

このペーパーで回収したあと、レジ袋に入れると処理しやすいです。

また、室内でワンちゃんが吐いてしまったときや粗相をしてしまった時も使えます。
(柔らかいので、絨毯の上で使うのには、難があります。)


ウンチの回収後は、少なからず臭いが発生します。


犬友さんと会ったとき、ウンチ臭がするのはぜひとも避けたい・・!

ウンチ袋を入れるマナーポーチもぜひ!

ウンチ袋は、ウンチを回収したあと、そのままでは、臭いが発生します。

犬友さんに会った時、散歩中に動物病院やお店に立ち寄るとき、ウンチが入ったウンチ袋そのままでは、他の人の迷惑になりかねません。

ぜひ、マナーポーチも用意しましょう。

年配の男性の飼い主さんは、この辺はあまり気を使わないようで、立ち話をしているとき、臭いが強烈で、早く立ち去りたくなります。

このニオイがご本人のものではないと知りつつも、やはり気になります。

おすすめのマナーポーチ↓

マナーポーチ パックン型

いろいろなマナーポーチを使ってみてこれが一番いい理由は、以下のとおりです。

  • 消臭効果のある不織布の裏地
  • ビニールコーティングだから雨でも濡れない
  • パックン方式だから臭いが出にくい(巾着型は臭いが漏れます)
  • マナーポーチ パックン型

    以上のようなものがわたしのおすすめするお散歩の基本セットです。

    そして、散歩の際はそれらを入れるバッグが必要ですが、どんなものがよいでしょうか?

    それは・・・

    お散歩バックはどんなものがいいの?

    「行く場所によってバッグを変える」がモットーの、バッグに凄くうるさい私が、様々なものを試した結果、お散歩バッグとして以下の2つがおすすめです。

    1. 舟形ショルダーバッグ
    2. エプロン型ウェストポーチ

    1.舟形ショルダーバッグ

    肩に掛けた時、体に密着するようになっています。
    犬のお散歩バッグ-舟形ショルダー
    散歩中、ワンちゃんが突然走り出したり、一緒にボール遊びする際、飼い主さんが小走りになるときがあります。

    普通のバッグでは、どうしても体のまわりでポンポン跳ねてしまって走りにくいのです。

    でもこのような形だと、荷物が跳ねるのを防止することができます。

    体に沿うものとしては、ボディーバッグもいいのですが荷物の出し入れをする際、体の前側に回さなければいけないため、おすすめはしません。

    ボディーバッグは、肩に掛けた時は、カッコイイ形だと思います。

    次のバッグは、今私が使用しているものです。

    2.エプロン型ウェストバッグ

    モデル 樽山樽子さん
    ガーデニングエプロン
    今、現在使用中のものですが、容量があり、体に対して均等に力がかかるので、歩きやすいです。

    前出の舟形ショルダーバッグは、片側の肩だけに力がかかるので、肩が痛くなったりします。

    体の一方に、重みが偏ってしまうので、途中からこのエプロン型に変更しました。

    私の使っているのは、ガーデニング用ですが、犬の訓練用に作られたものもあります。

    こちらは、前側が開いているので、今自分が使っているものより歩きやすそうです。

    ただいま購入を検討中。

    以上、必要最低限、必要なものとそれを入れるバッグのご紹介でした。

    でも実は、ほかに持っていたほうがいいものもあります・・・。まだあります

    あなたのワンちゃんによって変わってくると思いますが、ウチの場合を見てみますと・・・

    そのほかにあるといいもの

    1. ロングリード
    2. おもちゃ
    3. おやつ
    4. 時計
    5. 500円玉2枚
    6. ペンとメモ帳

    犬のお散歩で必要なもの

    1.ロングリード

    子犬は、成犬よりもたくさん走りたい子が多いです。

    人のいないちょっと広めの広場があったら、ロングリードを付けて思い切り走らせてあげてください。

    おもちゃもあると楽しいですね。

    2.おもちゃ

    ボールやビニール製のおもちゃがおすすめ。

    砂まみれになったりするので、ジップロックなどにいれておくと良いです。

    3.おやつ

    散歩に飽きて立ち止まってしまったとき、他のワンちゃんに吠えてしまったときなど、気をそらせて、飼い主さんのほうに注意を向けたりするのに使います。

    あまり使ってしまうと、おやつをもらうために、わざと困った行動をするようになるので注意しましょう。

    4.時計

    スマホを持っている場合は必要ありませんが、スマホって重いですよね。そんな時は腕時計をバッグの取っ手につけておくと、時間ギリギリまで、お散歩を楽しめます。

    ワンちゃんの散歩に思う存分つきあってあげられます。

    5.500円玉2枚

    散歩の途中で、お店で買いたくなったり自動販売機で飲み物を買いたくなることがあります。

    特に、スーパーの店先の焼き芋は、日曜日のお散歩で買ってしまう幸せアイテム。

    偶然新しいアイスクリーム屋をみつけてしまったりして、小銭が欲しい時にあると便利なのが500円玉です。


    私は荷物を軽くしたいので、お財布を持たずに、500円玉2枚位をバックの中に入れています。

    5.ペンとメモ帳

    万が一の場合ですが、ワンちゃんどうしのトラブルの際、飼い主さんの連絡先を交換するのにあると便利です。

    咬傷事件は、ないことを祈るのみですが、万が一を考えて。

    私は、今は持っていませんが、子犬の時は、どんなワンちゃんが歩いているか把握していなかったため、もしもの事を考えて、持ち歩いていました。

    あとは、お散歩で会うワンちゃんの名前をメモするのにも使えるかも。

    以上が、通常のお散歩で必要なものを、基本編とあるといいもの編にわけてご紹介しましたが、じつは、これだけでは不完全なんです。

    ・・・・当然ながら、お散歩は季節の影響を受けます。

    ここでは、夏と冬に分けて、私が使っているものをご紹介します。

    夏のお散歩グッズ

    犬向け
    保冷剤+ハンカチを首に巻く
    人向け

    1. 夏用の帽子
    2. 紫外線防止のメガネ
    3. 夏用マスク
    4. 夏用手袋
    5. リストバンド型ベープ
    6. 日焼け防止の上着
    7. 夏用ズボン

    夏のお散歩グッズ

    夏のお散歩は、紫外線と蚊の板挟みで、もう大変。

    以前まとめた夏のお散歩グッズについては、こちらの記事でくわしく説明しています。

    >>>犬の散歩グッズ うちの夏バージョン

    まず、ワンコさん向けでは、

    ケーキ屋さんでもらう保冷剤を凍らせて、ハンカチで首に巻きます。
    夏の柴犬のお散歩には保冷剤を首に巻く夏の柴犬のお散歩には保冷剤を首に巻く

    夏の柴犬おつんさんは、すぐにバテてしまい、運動量は冬の半分くらい。

    途中で絶対フセして休憩しています。

    毛皮族の夏はキビシイ。

    そして、人間にとっては、紫外線が脅威ですッ。

    以下が、人間様の夏のお散歩グッズです。

    1.夏用帽子

    首まで隠れるタレのある農業用帽子です。

    襟のある服は暑いので着ていません。この帽子がないと首が焼けてしまいます。

    2.紫外線防止のメガネ

    サングラスという方法もあるのですが、視界が暗くなって歩きにくいため、透明なガラスにUV加工したものを使用しています。

    ちょっと黄色っぽいので、おじさん臭いのですが、背に腹は代えられないんです。

    3.夏用マスク

    農業用の作業服のお店で買いました。

    帽子では、顔の下の部分をカバーできないんですよね。

    よってこのアイテムの登場です。

    あまりにも暑いときは、諦めてしていまいですが・・。

    通気性があること、サイズ調整できるところが良いです。

    4.夏用手袋

    手の甲も焼けるのがイヤなんです。直射日光があたると異常に肌が乾燥します。

    生肉をフライパンで焼くと次第に水分が蒸発して、お肉が委縮していく状態です。

    できるだけ、お肌の水分はキープしたい。

    それで手袋をします。

    暑さでがまんできない時は外しますが、初夏とかによくしています。

    この3Mの手袋は、そのままでもウンチ袋のビニールを開けることができるのですぐれ者です。
    (乾燥気味の私の指より優秀~)

    手の平はコーティングしてあって防水機能があり、手の甲側は通気性があって、快適です。

    5.リストバンド型ベープ

    夏の2大敵の1つ「蚊」。

    蚊の対策として、「足裏除菌」という変わり種の方法も実験してみるほど、虫刺されには悩んでいます。

    こちらの記事をご覧ください。>>>蚊の対策には、足裏除菌が有効なの?検証してみた

    スプレー式は、アロマ(効かない)もディート(刺激あり)も使えなく、結果的に、この手首に付けるものが一番よかったです。

    6.日焼け防止の上着

    こちらも、記事>>>犬の散歩グッズ うちの夏バージョン で紹介しました。

    ユニクロの春夏の長袖パーカーを使用しています。

    暑いからと言って、素肌むき出しで、強い日差しを受けると、私の場合、皮膚が赤くなってところどころかさぶたになってしまい、その後、傷跡になってしまうんです。


    また、蚊の脅威もあります。

    蚊に刺された場合、やはり痒みで掻いてしまい、跡が残ってしまいます。

    刺されないのが、肌の健康のためには良いのです。

    なので、夏なのに上着!夏だから上着!なのです。

    7.夏用ズボン

    夏は暑い・・・。

    だからといって7分丈のクロップドパンツなんてはいた日には・・・・。

    肌が見えているところを蚊が集中攻撃してきます。ぎゃあ

    なので、夏でも完全防備の10分丈です!

    暑いので、通気性がよくて、ピチッとしていないもの、サルエルパンツがおすすめです。

    コレ、はっきりいって、何と言おうとモンペなんですが・・・。ニッカポッカ的でもあります。

    でも実は、機能性を備えた優れた形なんですよ。

    てっきり、作業のお兄さんがトンガリたくてしている格好であると勘違いしていました。
    (昔私は、不良がはくものだと思っていたニッカポッカ・・・)

    とにかく夏はモンペズボンがおすすめ!通気性バンザイっす。


    以上、夏のお散歩グッズを挙げてみました。

    そして夏と来たらお次は冬です。

    暑いのも寒いのも苦手な、どうしようもない飼い主です。

    意外と、いろんなものをとっかえひっかえ持ち歩いていることに気づきました(汗)

    冬は、とにかく寒いのは嫌!

    イカレた内容を見てみましょう。

    冬のお散歩グッズ

    1. ニット帽
    2. 手袋
    3. 羽毛入りレッグウォーマー
    4. 防寒スカート
    5. ボタン付きスヌード
    6. ハクキンカイロ
    7. 裏起毛のズボン

    冬のお散歩グッズ

    1.ニット帽

    これがあるのとないのでは大違い。耳まで隠れるものがおすすめです。

    寒いと耳がちぎれそうになる感覚、ありますよね。

    ヘッドフォンみたいな耳当ても試したのですが、音が聞こえにくくて耳元で、擦れる音がうるさかったため断念しました。

    耳当て付き帽子も同様です。

    2・手袋

    こちらは、3Mの厚地の手袋。マナーボトルを使うと手が濡れるのがイヤで、この選択になりました。

    全部が防水でないので、通気性があり快適です。

    しつけ教室で寒い時は、右手だけ、トリーツが取り出せるように、指先だけカットされたものを使ったりします。(釣り具用品店で購入)

    釣り用手袋は、防水性はバッチリなのですが、手に汗をかいた場合の通気性がゼロのため、あまり快適ではないです。

    一時的に使うのがおすすめです。

    3.羽毛入りレッグウォーマー

    次第にマニアックというか、皆さんの趣向には向いてない気もしてきましたが、進めます。

    寒いからあったかい「ブーツ」をはきたいところですが、私がブーツを断念せざるを得なかった理由は

    「重さ」

    です。

    重くて歩くのがイヤになりました。

    そこで、犬友ママさんがはいているレッグウォーマーを真似して使ってみたところ、軽くて温かい!

    最高です。

    そのまま家でも履き続けてしまうほど気に入っています。

    でも難点が、、、、、、背の低い私には、見かけが、

    ミシュランタイヤのキャラクター

    になってしまうのが、残念であります。えーん


    キルティング素材で、中綿が薄いやつのほうがまだ足も細くみえるんだろうけど、

    そんなことしたら

    寒い!

    寒いのは絶対イヤ。

    背に腹は替えられない(←これ合言葉)

    と心の叫びを綴ってしまったところで次に行きましょう。

    4.防寒スカート

    これは、山ガールみたいなキュートな感じを演出しながらも、暖かいアイテム。
    (犬の散歩に演出が必要かどうかは置いておきます謎)

    ロングコートを着ないで、軽めのダウンジャケットを着るときに重宝しています。

    今ではユニクロなどでも買えるので、手軽に暖を取りたいときにはオススメです。

    5.ボタン付きスヌード

    マフラーでもなくスヌードでもなく、ボタン付きスヌードであるのは深いワケが・・・。

    マフラーは長さがあって暖かいです。

    でも、ふとした瞬間に巻きがほぐれて、取れてしまったりすると何かに引っかかってしまう危険があります。

    スヌードははじめから繋がっているので取れてしまうことはないのですが、ボリュームのあるものだと足元が見えなくて危険なのです。

    マフラーやスヌードは運動や散歩するのには向かないということですね。

    それでこのような、ボタン付きの短いスヌードです。

    これは、首に巻くとき頭からかぶらなくていいので、髪が乱れないのがとてもいいです。

    6.ハクキンカイロ

    普通のホッカイロの13倍の暖かさがあるハイパワーのカイロです。

    使い方を間違わなければ、とっても暖かくて手離せないです。

    本体の美しさも魅力。

    自分を慈しむ気持ちが生まれて、使うこと自体に楽しみがあります。

    使い方の注意の記事です>>>ハクキンカイロの事故や危険性は?注意点や使い方のまとめ

    使用方法を守って安全に使いましょう。

    7.裏起毛のズボン

    元祖しまむらの「裏地あったかパンツ」を皮切りに、今では、いろんなメーカーから裏地が起毛しているタイプやフリース素材のズボンが発売されています。

    それまでは、「ももひき」状の下着をズボンの下にはいていました。

    「ももひき」は、かさばるし、体の動きに負担がかかります。

    でも、温かいから採用していたんです。

    しかし、あったかパンツをはいてみると・・・温かいし、動きやすい!

    もちろん普段の生活にも欠かせないアイテムになりました。

    以上、季節別に私が愛用しているものをご紹介してみました。

    ワンちゃん一頭一頭の個性、飼い主さんそれぞれの嗜好もありますので、あくまでご参考にしていただけれだと思います。

    お散歩をワンちゃんとするのは、楽しいだけではなく、たくさんのメリットがあります。

    だからこそ安全、快適に毎日出かけたいですね。

    最後にまとめます。

    犬の散歩に必要なもののまとめ

    まずは基本セット

  • 首輪(またはハーネス)
  • リード
  • マナーボトル
  • うんち袋(+マナーポーチ)
  • プラス、以下のものは、あなたのワンちゃんに合わせて持っていってあげて下さい。

  • ロングリード
  • おもちゃ
  • おやつ
  • 時計
  • 500円玉2枚
  • ペンとメモ帳
  • そのほかに、季節によって必要になるものはいくつかありますが、みなさんのお散歩ライフに合わせて、試してみて下さいね。

    夏の暑さ、冬の寒さは過酷ですが、ワンちゃんとのお散歩のほうが、だんぜん勝ります

    ぜひ、便利グッズの助けを借りて、お散歩タイムを楽しんで下さいね。

    みなさんのワンちゃんとの楽しいお散歩時間に幸あれ~。

    この記事を書いている人
    白浜有紗
    ツンデレ柴犬おつんさんと共に歩むブログ「柴色」の運営者 白浜 有紗 です。
    プロフィールはこちら!
    おつんさんの紹介もあります。